*
*
西山事務機株式会社

*
*
*
HOME
*
*
*
SITE MAP
*
*
会社案内 複写機 IPオフィス オフィス用品 環境用品 通販サイト

西山事務機TOP > 環境商品 > 節電対策に(蛍光灯)通電用ダミー管
事務機
*
環境商品
リサイクルトナー
*
ナチュラルワンダー
リフレッシュグリーン
*
e-blue
リサイクルバッテリー
*JIS取得のLED
*蛍光灯反射板
(蛍光灯)通電用ダミー管
カットワンセイバー
工事不要のLED蛍光灯
ナノ
selfeel

節電対策に(蛍光灯)通電用ダミー管で経費削減

●ダミー管とは(節電効果・仕様など)
●ご注文・お問合わせ
●安定器の確認方法
●過去イベント

●ダミー管とは・・(節電効果・仕様など)

蛍光灯を減らして節電(経費削減をしつつオフィス環境を維持したい)をお考えの企業様。
2灯用の蛍光灯器具(ラピッドスタート型)だと、1本を間引くともう1本の灯りも消えてしまう事があり、真っ暗になってしまうだけで節電や経費削減にはなるけれども、オフィス環境の維持には繋がりません。その蛍光灯器具の下は暗くなってしまいます。

節電、経費削減のために蛍光灯を1本抜くと残った蛍光灯も消えてしまう!


そこで、この蛍光灯通電用ダミー管の登場です!

蛍光灯通電用ダミー管

ラピットスタート式直管2灯蛍光灯器具(40W型)において、片方の蛍光管をはずして通電用ダミー管に差し替えて、安全、 確実かつ簡単にもう一方の蛍光管のみを点灯させて節電(約45%※1)をはかる方法です。
(グロースタート方式の蛍光灯器具は1本をはずしても、もう1本点灯するシステムになっていますので、通電用ダミー管の必要はありません。)
※ダミー管自体は発光しません。


※1、何故50%にならないか?それは安定器自身が数ワットほど電気を消費しているからです。

ダミー管を付ければ消えていた方の蛍光灯が点灯します!

1本はずしたら部屋が暗くななるじゃないかと思いの方は…

蛍光灯反射板を併用いただきますと、明るさがずいぶん変わります。
蛍光灯反射板と合わせて、明るさそのまま、経費削減

ダミー管を取り付けた様子

蛍光灯ダミー管の特長

  • 経費削減
  • ISO14001取得後の具体的対策に
  • 省エネに対する企業アピール
  • 産業廃棄物の削減
  • 取付カンタン
  • CO2 削減
  • メンテ不要
  • 蛍光灯反射板と合わせれば今までの明るさのまま!
  • 他の節電方法としてLEDもございます GIS規格取得のLED

銅鉄型安定器専用と電子安定器(インバータ)専用の2種類がございます。

銅鉄型安定器専用は、一部を除いたほとんどの銅鉄型安定器に使用する事が出来ます。
電子安定器(インバータ)専用は、電子安定器自体がデジタルで日々進化しており、基準がありません。 今使用されている蛍光灯器具内部の【電子安定器のメーカー名品番製造年月日】をお調べ頂き、ご連絡ください。既存の電子安定器(インバータ)対応のダミー管にて対応可能かどうか、または特注にてダミー管が製作可能かどうか、または製作不可かをご連絡いたします。
※「使用中の蛍光灯がどちらのタイプか分からない」という方は、まずは安定器のメーカー名と品番、製造年月日を当社までご連絡下さいませ。

(●安定器の確認方法は⇒コチラ


【銅鉄型安定器専用】
 ・40W
【インバーター型安定器専用】
 ・32W
 ・40W
 

ダミー管が取付可能な安定器の種類について

種類 照明灯 ダミー管
銅鉄式
グロー球式(FL)
 不要
ラピッドスタート式(FLR)  取付可能
電子式 普通インバータ(FLR)  取付可能
(安定器の形式による)
Hfインバータ


※安定器の種類には、銅鉄安定器と電子安定器(インバータ)に大別でき、銅鉄式には、スターター式(グロー式)とラピッドスタート式に分類されます。電子式には普通インバータ(FLR)式とHfインバータ式がございます。
カットワンはグローランプによる点灯タイプには必要ありません。

蛍光灯、全てずっと買い換えたらかなりの経費です。
ダミー管を使えば1本分の経費を削減でき、反射板も使えば今までと変わらない明るさを保てる上に経費削減にもなります




安定器の番号

★ご注意下さい!

※インバータ方式の場合、安定器の番号が必要です。
蛍光灯(カバー)を外すと、右の画像のような安定器がありますので、メーカーと安定器の番号、製造年月日をお控えの上ご連絡下さいませ。

銅鉄型安定器にはコンデンサー内臓の一体型と分離型(セパレート)の2つのタイプがあります。

銅鉄型安定器が分離型(セパレート)である器具に通電用ダミー管を使用しないでください。コンデンサートラブルの恐れがあります。


インバータータイプの蛍光灯器具をお使いの場合、メーカ名、型番、製造年月日を事前にお調べいただいたうえで、当社までお問い合わせください。

必ず安定器のタイプに適合したダミー管をお使い下さい。間違えて取り付けますと、器具ならびにダミー管の故障の原因となり、故障が発生しましても当社では責任を負いかねますのでご注意下さいませ。

返品不可の商品です。必ず銅鉄用かインバータ用かをご確認下さいませ。

照明器具の交換目安は約10年です

安定器の交換時期
 
 ⇒メーカ取り扱い説明書(ダウンロードpdf)

問い合わせをする

仕様
 品名  蛍光灯通電用ダミー管(カットワン)
 型番  CT-40/CT-40E (銅鉄安定器用型番/電子安定器用型番)
 サイズ 1198mm(1212mm)
 重量 128g (スリムタイプの蛍光管とほぼ同じ)
 直径  25φ 
 材質
 銅鉄安定器用 ポリカーボネート
 電子安定器用 ABS樹脂
 シェル(口金)  アルミ製
 ピン        黄銅
 適応 50Hz・60Hz 共用 / 100V・200V共用
 消費電力  1w以下
 耐久性 10年
 種類 ラピッドスタート式(銅鉄用/インバーター・Hf用) 32W, 40W
 製品保証 保障期間は1年ですが、平均的な寿命の目安は
    「銅鉄安定器」……約10年
    「電子安定器」……約8年
    です。
 修理サービス 御使用中に異常が生じた時は、お使いになるのをやめ、
   使用している電源を切って弊社までお知らせください。

ダミー管 外寸図

ページトップに戻る

●ご注文・お問合わせ

40W銅鉄用価格 ( インバーター用はご相談に応じます )(税別)
50本未満の場合 標準価格: 4,000円/本
販売価格: お問い合わせ下さい
送料: 1,600円(※北海道・沖縄・離島・一部地域は別途)
50本の場合(50本単位) 標準価格: 4,000円/本×50
販売価格: お問い合わせ下さい
送料: サービス (※北海道・沖縄・離島・一部地域は別途)


※価格は税別です。

※ご注文後、合計金額を明記した確認メールをお送りしますので、事前にお振込をお願い致します。ご入金確認次第出荷致します。

(恐れ入りますが振込手数料はお客様ご負担でお願い致します)

<ご注文>

ご注文はメールにて承っております。
価格・納期等まずは下記必要事項をご入力後送信して下さい。


蛍光灯ダミー管問合わせ

お問合わせ時必要事項
  • (法人の方は)会社名
  • お名前
  • ご住所
  • お電話番号
  • 数量(本)         
  • 安定器のメーカ名
  • 安定器の品番(蛍光灯の品番ではなく、安定器の品番をお知らせ下さい)
  • 製造年月(安定器に明記されています)

(●安定器の確認方法は⇒コチラ


ページトップに戻る

★保証規定

万一、破損及び機能上不都合が生じた場合、保証書の取扱いは下記の通りとなります。

◎保証期間
お買い上げ日より1年間と致します。
◎保証内容
取扱説明書に基づき設置し、使用中に破損あるいは機能上不都合が生じた場合のみ有効です。
◎保証書の有効規定
  1. 保証書は破損あるいは機能上不都合が生じた現品に添えて弊社へお申し出下さい。保証書添付のない場合は適用外となります。
  2. 安定器の型式違いの取付により生じた故障の場合は、保証の範囲外となります。
  3. 修理交換以外に要する梱包代、送料は弊社の負担となります。保証期間終了後はお客様の負担となります。
  4. 本書は日本国内においてのみ有効です。
  5. 保証書の再発行は致しませんので、紛失しないように大切に保管して下さい。
  6. 安定器の寿命はおよそ10年とされていますが、蛍光灯ダミー管使用による保証はその年数内とします。
    (例えば5年経過した安定器の場合は残り5年の保証となります。)

★下記の場合は保証期間内でも無効になります。

  1. 保証書にお買い上げ年月日及び販売店の記入のない場合、または、字句を書き換えられた場合。
  2. 商品に貼付してある製造番号のない場合。または剥がした形跡がある場合。
  3. 以下に起因すると判断される場合。(a)使用操作上の誤りまたは故意に破損されたと思われる場合。(b)当社以外で行われた改造、修理、分解。
  4. 外的要因により発生した不具合。(a)塗装面、メッキ面、その他加工処理の退色、腐食、剥離等。
  5. 天災、火災、異常電圧、盗難による破損、不具合、紛失、流失。

保証書に明示した期間、条件のもとにおいて保証修理、交換をお約束するものです。保証期間経過後の修理についてはご不明の場合は弊社にお問合せ下さい。


★導入事例

・N国税局様(愛知)
・J東海様(愛知)
・K市役所様(三重)
・T自動車関連(愛知)
・オフィス
・店舗
・幼稚園
・保育園
・学校
・公共施設
・工場

★環境管理

環境マネジメントの一環としてのISO14001関連における貢献

★経費削減の例

40W蛍光灯の1年分の電気料金は、 なんと
3,456円/1本につき
(1日12時間、300日点灯の場合、一般的なオフィスでの電気代をもとに算出)

★地球環境

CO2排出量削減
エネルギー消費量低減

★お問い合わせ

お問い合わせは、info@ipn.ne.jpまで。

フリーダイヤル 0120-23-8616
蛍光灯)通電用ダミー管 サポート係まで

ページトップに戻る

★さらに経費削減!!+(プラス)蛍光灯反射板!

蛍光灯反射板とダミー管を併用すると1本の蛍光灯で2本分と同じ明るさに!
ページトップに戻る

●ダミー管が使えるかどうか?蛍光灯安定器の確認方法について

当店で扱っている蛍光灯ダミー管を購入頂くには、蛍光灯安定器を確認して頂く必要があります。

ですがよく「安定器がどこにあるか分からない」「どれが安定器か分からない」「どうやって調べればいいか分からない」というお声を頂きます。

そこで、分かりやすいページを作ってみる事にしました。

※くれぐれも感電しないようにあらかじめ照明器具の電源をお切りください。

参考にして頂ければ幸いです。

● まず脚立を用意して下さい。

● そして蛍光管を外します。

蛍光灯安定器確認方法

 

 

● 次にカバーを取ります。そのために、ネジを外します。

蛍光灯安定器確認方法

 

手で簡単に外れます(器具によって取り付け方は異なります。)

蛍光灯安定器確認方法

 

● そしてカバーを外します

 

中はこんな感じです。下記の写真は器具ごとはずしてしまいましたが、カバーのみはずすだけで、安定器が見えるのが普通です。

蛍光灯安定器確認方法   蛍光灯安定器確認方法

↓これが安定器です

蛍光灯安定器確認方法

● ここにメーカー・型番・製造年月日が書かれています

蛍光灯安定器確認方法

※上の写真だと製造年月日が読み取りにくくなってますが、通常はこの様に↓表記されてます

蛍光灯安定器確認方法

この場合は、メーカー:松下電工

        型番:FZ40413447

        製造年月日:1987年9月29日 です

この情報をお教え下さい。ダミー管が適用可能かお調べします。


ページトップに戻る


●過去イベント

2008年
『メッセナゴヤ2008 〜環境チャレンジの祭典〜』


その時の様子です
蛍光灯反射板と蛍光灯ダミー管をメッセ名古屋2008に出店致しました

2011年11月
『メッセナゴヤ2011 明日を拓く提案〜環境・安全・モノづくり〜』

報告はコチラ(ブログです)

2011年12月
『エコプロダクツ2011』

報告は コチラ(ブログです)


蛍光灯用ダミー管

ページトップに戻る 
西山事務機株式会社
〒460-0012 名古屋市中区新栄2-36-27
アイセイタワービルディング5F
TEL:052-261-2518 FAX:052-251-3616
*
*
©Nishiyama Jimuki Co., Ltd. All rights reserved.
*